スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病院

さて、更新すっか。

やー、何かネタ溜まりすぎて更新する気が起きません。
というかこのブログ楽しみにしてる人なんざいないはず、いないよね?ね?

とりあえずあった事を携帯からちまちまと書きます、長くなるかも(^ω^)ごめんね

まず、風邪の件。

最初、近くのでっかい「済生会」って病院行ったんですよ、名前出しちゃえ。
で、受付行ってどこの科の診察受ければいいのか聞いたら…

「お二人(母も診察)とも耳鼻科ですねー」

あの、私、高熱だけで耳も鼻もどこも痛くないんですけど…。
母は咳でてたから耳鼻科でも分かるけど…。

で、耳鼻科に行って、とりあえず熱を計らされる。
うん、39.4度。

しばらくして呼ばれたので診察室に入る、そして先生に症状説明。

先生「うーん、ちょっと喉見せてくださいね。」
─見せる─
先生「…別に異常ありませんね。耳も見せてもらっていいですか?」
─見せる─
先生「なんともありませんね…。」

母「やっぱり内科ですよね?あの受付何なの!?」
─母軽くキレる

先生「とりあえず、内科の先生に言っておきますね、後血液検査と胸の写真も必要になると思いますので、先に撮っちゃいましょう。」
満「え…血液検査ですか…?」

─この後満は泣く事になるとは思いもしなかった─

処置室だかそんな所に案内されてフラフラしながら整理番号を受け取る。何4番って、座ってるの爺さんだけじゃん。

で、座ってすぐに「〇〇〇さーん」と呼ばれる。
看護婦さんは採血の準備をしている、うち冷や汗たらたら。

看護婦1「はい、じゃあ腕出してくださいね。」
満「はい。(腕だす)」

看護婦1「え…。」

私は あの看護婦の顔を 忘れない。

看護婦1「え…うーん…」
満「(だよなーだから採血嫌なんだよー…)」

看護婦2「どうしたの?」
看護婦1「あ、ちょっと私じゃ無理で…。」看護婦2「どれどれー、うわっ全然(血管)見えないわね…。」

今更だけど、私、満はアトピーで腕に象皮が残り、血管が全く見えない、触っても分からないという難しい奴です。
そんで、続き

看護婦2「全っ然見えないわねー!(笑)」
看護婦3「どうしたの?」
2「血管見えないんですよー。」
3「あら、ホントね…婦長呼んでくるわね。」

婦長「どうしたの?」2「あ、婦長、お願いします。まだ刺してませんから!」

婦長「うーん、全然ダメねー…。ちょっと1回刺してみてもいい?」
満「なるべく1回で…。」

─ぶすっ

痛い、痛い、痛(ry
頼むから針の先で血管探らないで、痛い、痛すぎる。

婦長「だめねぇ。」
─針を抜く─

婦長「そっちの腕見せてもらってもいい?」
満「あ…はい…。」

婦長「よし、今度こそ。」
─ぶすっ

いってえ、いてえ、下手くそのくせに婦長かよ頼むからもっとうまい人いないのかよいってえええ!!!
ほらだから針先で血管探るのやめろって!!!痛いってあああああ!!

婦長「あ!きたきた!」
1、2、3「婦長すごぉい!!」
婦長「あらー…止まっちゃった…やっぱりだめねぇ。」
─針抜く
満「(;'A`.;)…」

婦長「やっぱりさっきの腕ね!」
満「はい…。(涙目)」

婦長「あ、ここ、あるわよね?」
2「あ!ありそうですね!」
あんたら…テンション上がってるけどこっちは泣きそうなんだよ…マジ痛いし…。

婦長「絶対見つけてあげるからね!」
いややめてよこれ以上うちの腕をいじめないでえええ!!!
とか思ってるとぶすっ

痛い痛い、やっぱこの看護婦下手くそ。
あ、やばい今回は更に痛い、泣いていい?僕もう頑張ったよね?泣いていいよね?

婦長「やっぱりだめねぇ…。」
─針抜く

満「も…もう勘弁してください…グスッグスッ」
婦長「ごめんねぇ、休憩しようか。」
満「いえ、もう採血は…グスッ、しなくて…いいです…。」

注射で泣く女、私17歳!!!!!!笑っちゃうね!!!

こっから先よく覚えてなくて、確か胸の写真撮って内科で診察受けて…。
原因不明って事で薬貰って帰ってきました。
母が内科の窓口で「原因不明ってどういう事だ!!」ってキレてましたけどね、母よ、血がとれないばっかりにごめんね。

でもここの医者、胸に聴診器当てたりもしなかったし、何なんだろう、診察適当杉。

福島市民はこの病院行くのやめた方がいいよ!
評判悪いし!

で、その病院行って来た夜に40度近い熱が出て死ぬかと思いました。

母の提案で、「大原行こう」って事になりました。
大原っていうのは、うちの婆さんと姉さんが入院した事のあるでっかい総合病院です。混んでる。

約2時間待たされ、やっと診察受けました。

昨日の先生とは違ってかなり丁寧な診察。大原きてよかた。

で、やっぱり血液検査しないと原因分からないって事で頑張る事に。

あーなんだろ、めんどくさいから箇条書きで書きますね。

・採血の先生気さくでいい人
・採血先生「1発でとってやっかんな!!」・血とれた、\(^o^)/満歓喜
───────
・インフルエンザの検査、待機
・鼻に長い棒突っ込んだ
・ベッドで待機
・「さっきとった血が固まっちゃったので採血室にもう1回」
・天国から地獄
────────
・採血先生「ごめんねごめんね!次で決めるから!」
・失敗
・別の採血者(中年の男)がやってくる、採血先生そっちに
・男性「いてえ!!!いててて!!!いってえー!!」と叫ぶ
・満吹き出す
・うちの番
・先生がチェンジ
・失敗、いてえ
・先生、ベテラン先生を呼ぶ
・待機
・来た、失敗失敗
・寝てとることに、とれたけど固まって失敗
・成功\(^o^)/
・先生歓喜
─────────
・ベッドで待機
・結果が出た
─────────
・恐らくウイルス性の風邪
・インフルエンザは陰性
・白血球少ない

とまあこんな感じでした。

就職試験の事とかも書こうと思ったけど長くなったからまた後にしよう、そうしよう。
スポンサーサイト
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。